韓流とはちょっと違う!?リアルな韓国人カレシ!!

韓流とはちょっと違う!?リアルな韓国人カレシ!!

韓国人出会い

 

ちょっと前に韓流ブームありましたよね?

 

韓国ドラマとかアイドルグループとか歌手とか、私は韓国ドラマにはまったタイプでした。

 

韓国ドラマの美男美女のドロドロな(失礼!)恋愛模様や、美男子ばかり出てくるポップな乙女チックなストーリなドラマもありで、どっぷりはまりました。

 

韓国語の勉強も独学で始めて、参考書やテレビの韓国語講座や雑誌をあさっては、韓国ドラマや映画をレンタルして楽しんでました。

 

韓国の男性はとにかく男らしい!

 

それでいてロマンチスト!

 

バラの花束や、ハートマークのロウソク使ってのサプライズ、色とりどりのプレゼント!

 

とにかくカッコイイ!!

 

と、そんな偏ったイメージを持っていた私です。

 

なんと、大学時代の友だちが韓国人のカレシと付き合っているというのです!

 

そのカレシの友だちを紹介してもらい、今の私のカレシと出会いました。

 

はじめは、私は韓国語はカタコトのへたくそ、カレシさんは日本語がまったく話せず、英語が堪能な人でした。

 

中学高校の6年間の授業でしか英語を学ばなかった私は、憧れの韓国人のカレシとの、まさかのカタコト英語でのコミュニケーションが始まりました。

 

それからは必死で韓国語を猛勉強です。

 

カレと韓国語で話したいその一心で頑張りました。

 

付き合って一年、色々とリアルな韓国人男性の実態が分かりました。

 

私のカレは地方出身。

 

私のイメージの韓国人男性は、ドラマで描かれたものだと知りました。

 

カレシいわく、そんな男いないとのこと。

 

いるとしても、ソウルの一部の優男だと。

 

私のカレは基本無愛想、クールなイメージを崩しません。

 

誕生日やクリスマスのプレゼントはありますが、バラの花束やサプライズなどありません。

 

ただ、男らしさは凄いです。

 

イベント時の会計は俺が持つ、重い荷物は俺に寄越せ、道側を女が歩くな、などなど。

 

生まれて初めてのレディーファーストは、韓国人のカレシが全部教えてくれました。

 

でも、韓国人のカレシで一番嬉しい事は、愛情表現をストレートにしてくれることです。

 

日本人って、好きです、大好きです、までは言えても、愛してる、って言葉なかなか口に出来ませんよね?

 

それが韓国人は驚くほど言ってくれます。愛してます、の「サランヘヨ」を。

 

これが一番嬉しかったですね?。

 

カレが言ってくれるので、私もストレートに「サランヘヨ」と言えます。

 

「愛してる」も言ってくれるのですが、私はまだまだ恥ずかしくて言えてません。

 

もう少しで言えるかな?

 

リアルな韓国人カレシ、おすすめですよ。